COLUMN
2022.08.19

高校卒業後にアメリカ留学する方法と出願に必要な応募書類

実践的な英語力や専門性を身につけるには、留学がおすすめです。

日本ではなく海外の大学に入学する方法から、編入学や数ヶ月程度の短期滞在型の語学留学まで、さまざまな方法が選べます。
今では留学希望者を対象としたオンライン相談会や出張相談会、留学情報センターなどさまざまなサービスが用意されています。学校で相談ができない、相談に応じられる人が周りにいない場合でも、便利なサービスを利用すれば経験者からアドバイスが受けられます。

予算や期間などを考えて自分に合うプログラムを組み立てれば、実りのある留学生活を送ることができます。ここでは、高校を卒業してからアメリカへ留学する方法について紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

高校卒業後にアメリカ留学する方法

日本の高校に通った後、アメリカの大学に留学するには大きく分けて4つの方法があります。詳しくみていきましょう。

大学進学

大学への進学としてアメリカに留学する方法です。直接出願をして試験を受ける方法のほかに、英語研修と授業を組み合わせたプログラムへの参加、条件つきの出願が可能です。 日本の大学と同じように、海外の大学も受験することができます。

出願に向けてスケジュールを確認し、必要書類を準備しましょう。ほとんどの大学が成績証明書・推薦状の提出を求めるほか、英語力に関する証明などを提出しなければなりません。

英語力を証明するために、IELTSやTOEFLもあわせて受験します。それぞれの大学が設定している基準をホームページなどで確認し、英語力をしっかりと磨いておくことが大切です。

コミカレ

「コミュニティ・カレッジ」と呼ばれる2年制の大学に進学し、そこから大学へ編入するルートです。
コミュニティ・カレッジとは公立の2年制で、日本でいう短大のような位置づけの学校です。

直接大学を受験するハードルが高い方は、4年制大学よりも入学しやすいコミュニティ・カレッジに入り、そこから編入をする方法がおすすめです。 アメリカやカナダへの留学では、コミュニティ・カレッジから大学へ編入するシステムが一般的です。

4年制大学に進学すると最初から高度な英語力が求められますが、コミュニティ・カレッジへの進学であれば、英語力に自信がなくても少しずつ力がついていきます。

語学学校

語学学校への入学は、最短で1週間程度から1年以上の年単位まで自分の好きなペースで学び続けられるメリットがあります。大学進学よりも難易度が低く、授業内容も語学に特化できる点がメリットです。

語学学校への入学後に専門学校へ編入し、大学へ編入するルートもあります。
いきなり大学への進学が難しい場合は、語学学校に通って語学力の上達を目指すと良いでしょう。
日本から海外の語学学校に学びに行くプログラムは数が多く、国も選びやすいためハードルが低いという特徴があります。

TOEICスコアを伸ばしたい、日本での就職や進学に英語力を活かしたいなどの目標にも役立ちます。

専門学校

専門学校はキャリア・カレッジとも呼ばれます。
ビジネス・IT・観光などさまざまな分野の専門学校が存在し、将来のキャリアアップや海外での就業を考えている方におすすめです。

アメリカではコミュニティ・カレッジの職業訓練コースや「Vocational School」と呼ばれる私立の専門学校があり、それぞれに進学することができます。

専門学校の就学にも英語力が求められますが、好きなことや興味のあることが学べるメリットは大きく、期間も数ヶ月から年単位まで幅広いコースが用意されています。

専門的な内容のため、自分の興味に合う学校が選べます。ダンスやメイク、映画製作や音楽など芸術系の分野のほか、プログラミングやマネジメントなどビジネスに関わる内容を学ぶ方も多くみられます。

海外留学の種類については「留学の種類と学べる内容」の記事でも詳しく紹介しております。

高校卒業後に留学するメリット

ここからは、高校卒業後に留学を行うメリットについても詳しくみていきましょう。

早い段階から英語学習ができる

留学は、生きた英語を身につけられる絶好のチャンスです。
中学・高校で学んできた英語をさらに実践的なものとして使えるため、英語力が定着し、専門的な分野にも進みやすくなります。

英語に苦手意識があっても、コミュニケーションを通して少しずつ語学に慣れていけるメリットがあります。

世界中に人脈ができる

学校で出会う人は一生の財産です。日本人とは異なる価値観や背景をもつ人々は貴重ですし、日本では会えない人との出会いが期待できるでしょう。

クラスメイトとの繋がりができれば、世界中に自分だけの人脈ができあがります。

異なる価値観を受け入れられるようになる

コミュニケーションを通して、日本人とは異なる価値観、ものの考え方やとらえ方が理解できるようになります。

驚くほどポジティブな人との出会いや、自信の持ち方を海外の友人たちから教わることもできるでしょう。

自立心が身につく

海外では早くから個人として自立している人が多く、その影響を受けて自立心が身につきます。

海外での暮らしが長くなってくると、手続きや普段の買い物などもすべて自分でできるようになり、行動力や適応力が育っていきます。

自己主張が出来るようになる

日本はあまり積極的に自己主張をしない文化圏ですが、海外ではまったく正反対のケースも少なくありません。

英語圏への留学では自分の意見を発言しなければならないシチュエーションが多く、はじめは戸惑うものですが、徐々に自己主張ができるようになっていきます。

将来の選択肢が広がる

英語力が身につき、多国籍の知人や友人と繋がることで、国際人としての感覚が実感できるようになります。
同時に、海外での暮らし・就職・生き方が理解できるようになり、将来の選択肢に幅が出てきて、日本に限らない進路がとれるようになるでしょう。

【関連記事】
グローバルな仕事とは?11の選択肢と求められる能力

高校卒業後に留学するデメリット

高校卒業後に留学をすると、どのようなデメリットが考えられるのでしょうか。

費用

日本に比べて、海外への留学は学費が高くなりやすいデメリットが考えられます。

ただし留学期間や私大か専門かなどの学校の違いによって費用には差が出るほか、語学力や専門性を身につけることで就職活動の幅が広がるため、費用をかけた分だけ将来的なリターンが期待できます。

【関連記事】
アメリカ留学にかかる費用の内訳と節約方法をチェック

卒業の難易度が日本より高い

アメリカをはじめとする海外の大学は、入学よりも卒業のほうが厳しいといわれています。
単位を取得するだけではなく、一つひとつのクラスに真面目に通い、積極的に参加もしていかなくてはなりません。 卒業に必要な要件が多いため、人によっては何年もかかってやっと卒業するケースもみられます。

しかし、留学をしているあいだはしっかり勉強しなければなりませんし、留学の目的や設定したゴールを忘れずに努力すれば必ず卒業できます。まわりの人に支えられて卒業を目指せる人も少なくないため、最後まで諦めない姿勢が大切です。

高校卒業後に留学するために必要なこと

ここからは、高校卒業後海外に留学する際に求められる必要書類や要件を詳しくみていきましょう。

TOEFL/IELTSのスコア

TOEFLは「外国語としての英語の判定テスト」の略で、英語を母語としない人が留学する際に必要となるテストです。TOEICよりもさらにハイレベルの英語力が試され、4技能(読む・聞く・書く・話す)すべてのセクションをテストします。

IELTS(アイエルツ)は海外移住申請に使われることが多いテストで、面接官との対面式でのコミュニケーションや筆記テストが特徴です。TOEFLの代わりにIELTSのスコアを提出するように求める教育機関も増えています。

成績

成績証明書は、アメリカなどの大学に出願する際に必須となる書類です。過去の履修科目・単位・成績をそれぞれ記載し、学校印や代表者の署名が必要になります。

成績証明書は英文で書かなければなりませんが、学校によっては不慣れなケースがあるため、英文にできないと断られた場合は日本語で記載したものを翻訳会社などに作成してもらいましょう。

推薦状

留学の際に必要となる推薦状は、第三者から見た自分自身の客観的な判断とアピールポイントを記載し、大学側に伝えるためのものです。

具体的には、TE(Teacher Evaluation)やSR(School Report))と呼ばれる書類が必要になります。どちらも教員からみた生徒の人物評価、推薦文が盛り込まれ、SRには生徒が在籍していたコースの内容や成績、学校紹介などが含まれます。

Personal Statement

Personal Statementは、エッセイのように自分自身をアピールする書類ですが、勉強したいことや大学・大学院などでの研究内容を具体的に記載するための志望動機書です。

「最大○文字、○行まで」と詳細に指定されているものが多く、文字数が厳しく制限されているため、端的に志望動機をアピールしなくてはなりません。
成績証明書だけでは伝えきれない自身の個性、情熱、興味関心の度合いなどをしっかりとアピールし、学部・学科にふさわしい生徒であることを伝えましょう。

エッセイ

エッセイは出願に欠かせない書類で、自分自身をプレゼンテーションするためのものです。自分の言葉で魅力を伝えなくてはならないため、自己分析にもしっかりと時間をかけて準備しなければなりません。

渡航先の国によってエッセイをどの程度重視するかが異なります。
アメリカの4年制大学では、エッセイの中に心を動かすような文章や表現を盛り込む工夫が必要であり、加えて自分の人物像をイメージできるような内容が望ましいとされています。

高校卒業後に留学するならいつから準備が必要?

高校卒業後すぐに留学を行う場合、最低でも半年〜1年前には準備をしておきましょう。

クラスがスタートする半年以上前に募集を締め切ってしまう学校もあるため、どの学校に行きたいかを早めに絞り込んでおく必要があります。
学校の絞り込みと同時に、入学に求められる要件をチェックしましょう。
語学力や成績について、基準を満たしていることを確認してからTOEFLやTOEICを受験します。
入学に必要な推薦状、エッセイの準備も早くに始めましょう。

語学学校の場合、英語力がなくても受け入れを行ってもらえますが、不安な場合は担当者にメールなどで連絡をして、サポートを受けておくと安心です。

【関連記事】
いつから留学の準備を進めるべき?準備期間と当日までの流れ

憧れの留学へチャレンジ

この記事では、出願の際に必要な書類や留学のメリットをお伝えしました。海外の大学や学校への進学では、日本にはない価値観や文化、語学力や専門性がダイレクトに学べます。

アリゾナ州立大学サンダーバード経営学部広島大学グローバル校の紹介

広島大学と70年以上の歴史をもつアリゾナ州立大学サンダーバード経営大学院が連携した学士号プログラムです。本プログラムは文部科学省により「外国大学の日本校」として指定を受けております。
「外国大学の日本校」については、文部科学省のホームページをご覧ください。
外国大学等の日本校の指定:文部科学省

取得できる学士号はアリゾナ州立大学の「グローバルマネジメント学」と「国際貿易学」の2種類です。

「グローバルマネジメント学」では、グローバルな環境で活躍するためのマネジメント力を学ぶことが出来るプログラムとなっています。
「国際貿易学」ではグローバルにビジネスを行うための政治的・文化的・経済的側面への理解を深めながら、国際貿易分野で活躍するために必要なスキルを学ぶことができます。
本プログラムでは、1・2年次を広島大学のキャンパスで、3・4年次をアリゾナ州で学びます。

広島を含め、4年間全ての授業が英語で行われますので、国内にいながらでもグローバルな環境で世界有数の大学によるグローバルマネジメントを学ぶことが可能です。

また、「国際貿易学」の学位取得後はアメリカでのOPT(Optional Practical Training)を取得し、3年間の就労を行うこともできます。

将来の選択肢を広げるためにも、ユニークな形の留学に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

アリゾナ州立大学サンダーバードでは、日本オフィスにて日本人スタッフが個別に留学サポートの相談を受付ています。将来グローバルに活躍したいなど、海外にご興味のある学生の方は、ぜひご相談ください!
アリゾナ州立大学サンダーバードグローバル経営学部 広島大学グローバル校の詳細はこちら

関連記事

どうしても留学したい!親が反対する理由と説得する方法

留学が不安な人必見!みんなが不安に思っている内容と解消法をご紹介

国内留学のメリット・デメリットと国内留学の方法

日本の大学と海外の大学の違い12選

お役立ち情報一覧へ戻る